読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)の代数的構造(2)

数学 PPAP

akiyah.hatenablog.com

の続きです。

左右の手

facebookで指摘を受けたのですが、歌詞の順番と右手と左手の順番は違うようです。歌詞に左右の手のどちらかを書いてみます。

PPAP

 

I have a pen (右手)
I have an apple (左手)
ah!
Apple pen!

 

I have a pen (左手)
I have a pineapple (右手)
ah!
Pineapple pen!

 

Apple pen (右手)
Pineapple pen (左手)
ah!
Pen-Pineapple-Apple-Pen!
Pen-Pineapple-Apple-Pen!

この左右の手を意識すると、前回とは違う式になります。右手は向かって左側、左手は向かって右側なので、演算の満たすべき条件を書いてみると、

ah!("✏", "🍎") = "🍎✏"

ah!("🍍", "✏") = "🍍✏" ←ここが変わる

ah!("🍎✏", "🍍✏") = "✏🍍🍎✏"

こんな風になります。なんとも一貫性がなくて困りますね。。。

ロングバージョン

2016/10/27 にロングバージョンというものが公開されていたようです。

www.youtube.com

ロングバージョンの中には今までにない演算結果も出てきています。 

 

ah!("✏", "✏") = "✏✏"

(ペンとペンでロングペンだそうです)

ah!("🍍", "🍎") = "🍎🍍" 

(アッポーとパイナッポーでアッポーパイナッポー)

ah!("✏✏", "🍎🍍") = "✏🍍🍎✏"

(ロングペンとアッポーパイナッポーでペンパイナッポーアッポーペン)

 

ここでロングペンは"✏✏"と表しています。ペンペンと呼びそうなものですが、呼び方だけはロングペンで実態はペンペンということにしておきます。

そしてもっと重要なことは、ペンがついていないときはアッポーが先の"🍎🍍"の順番だったのに、ペンがつくとアッポーがパイナッポーの後ろにいって"✏🍍🍎✏"になることです。どういうルールなのでしょう。もう少し考察してから答えを出します。